応力測定機

測定アプリケーション

EMS

パッケージング
 ※旧:㈱相模電機製作所

製品紹介
お問い合わせご相談・お問い合わせお見積りカタログダウンロード

応力測定機

トルク検査機 PT-1945S

概要
トルク検査機PT-1945Sは、プロテックオリジナルトルクセンサPSシリーズ(PSセンサ)を接続し、トルク検査を容易に行うことが出来る検査機です。
トルク上下限値の設定により、OK/NG判定をします。測定トルクは、時間軸のT1、T2設定か、角度軸のθ1、θ2を選択可能です。品質管理用途のトルク検査に最適です。

トルク検査機PT-1945S_装置外観
PT-1945S+PSシリーズ




特徴
●負荷トルクの最大値、最小値、平均値を測定することが出来ます。
●測定トルクは時間(T1、T2)角度軸(θ1、θ2)指定可能です。
●パネル上のスイッチ切替により、トルクの最大値、平均値、最小値を表示します。
●外部入力による測定スタートが可能です。
●120%の負荷が加わった場合は、過負荷警報を鳴らします。
●測定時のサンプリングは2msecで、最大65,000個のデータを収得可能です。


PSセンサ
トルク検査機用PSセンサ
ひずみゲージ方式の回転式、非回転式のトルクセンサです。センサー軸にトルクが印加されると、ねじれ量に応じた電圧を出力します。ねじれ方向は出力電圧の正負で判別可能です。また、高い剛性により、応答性の高いトルク検出が可能です。豊富な測定トルクレンジをご用意しています。


ラインアップ
型式トルク
PS191110mNm
PS1912100mNm
PS19131Nm
PS191410Nm
PS193450Nm



仕様
総合精度±1%
零点移動±0.5%
繰り返し精度±0.5%
非直線性±0.5%
トルク出力DC±2V±0.01
電源電圧±15V±0.5V
消費電力750mW
許容過負荷約200%
動作温度範囲0~+40度
湿度範囲85%R.H以下



オプション
オプション主な特徴
BCD出力BCDトルク演算出力で直接BCD表示機に接続可能
アナログアンプ出力アンプゲイン調整アナログ出力
校正器校正棒と分銅の簡単校正



校正器

  • センサー軸に校正棒を水平に取り付けます。
  • 指定の長さの位置のピンへ分銅をかけます。
校正棒片側10cm
分銅定格トルク=錘×10cm
*校正棒の長さはセンサートルクF.S.によって異なります