応力測定機

測定アプリケーション

EMS

パッケージング
 ※旧:㈱相模電機製作所

技術資料

メカニカル(機械要素部品)
プロテックのトルクセンサの校正
トルクセンサの校正

精密機器であるトルクセンサは、経年的に変化を生じます。
正しい精度を保つために、定期的な点検や校正を行うことが重要です。

減速機のロストモーション測定(バックラッシ)
減速機のロストモーション測定
(バックラッシ)

減速機は、内部の歯車に生じたバックラッシや金属のねじれが原因で、
効率的な力の伝達が行われないことがあります。
バックラッシを軽減するには、ロストモーションを測定することが重要です。

JISB1192_ボールねじのトルク測定
ボールねじのトルク測定
(JIS B 1192)

様々な用途で使用されるボールねじは、伝達動作に対し高い精度が求められます。
ボールねじの設計に必要なトルクを計算式で算出するだけでなく、
実際の使用条件下で測定することも重要です。

JISC4034-2-1_モータの損失測定
モータの損失測定
(JIS C 4034-2-1)

モータに入力する電力とモータから得られる動力の差である”損失”。
近年、モータには省エネで高効率・高出力が求めれており、
損失を測定し、把握することは非常に重要です。





メディカル(医療)
JIST0311_金属製骨ねじ機械的特性測定
金属製骨ねじの機械的特性試験
(JIS T 0311)

手術で体内に埋入するインプラント用骨ねじは、使用期間中の破損の可能性を考慮し、
予め力学的性能評価が行われています。
ここでは、JIS規定の”ねじ込み試験”・”引き抜き試験”・”ねじり破壊試”について解説します。





基板検査
インサーキットテスト(実装検査)

電子基板の実装検査

電子基板の実装検査では、プリントパターン上に部品が正確に実装されているかを検査します。
近年、電子基板は小型化・高密度化が進み、
実装検査は、より高度な技術力とスピーディーな検査速度が求められています。

ファンクションテスト(機能検査)

電子基板の機能検査

電子基板の機能検査では、機械的に定格通りに動作するかを検査します。
近年、電子回路基板は、小型化・高密度化が進み、少量・多品種です。
数多くの品種の機能検査を行うために、ファンクションテスタには標準化が求められています。





キャラメル包装・シュリンク包装・アッセンブリ
キャラメル包装
キャラメル包装とは

キャラメル包装とは、開封用の紐(ティアテープ)を引っ張り、
フィルムを破ることで、開封できるタイプの包装方法のことです。
特定の形状(四角)を持った被包装物の包装に適しており、開封のしやすさが考慮されています。
CDやDVD/BDケースの包装などでよく用いられている、ポピュラーな包装手段です。

シュリンク包装
シュリンク包装とは

シュリンク包装とは、熱収縮性フィルムで被包装物を包み、加熱してフィルムを収縮させることで、
その被包装物の形状にピッタリと密着させるタイプの包装方法のことです。
DVD/BDやCDなどのメディアから、ノートなどの文房具、漫画本などの書籍、
食品、医薬品、化粧品など、幅広い製品の包装で用いられている、ポピュラーな包装手段です。