応力測定機

測定アプリケーション

EMS

パッケージング
 ※旧:㈱相模電機製作所

製品紹介
お問い合わせご相談・お問い合わせお見積りカタログダウンロード

応力測定機

ISO80369/旧ISO594準拠 医療用コネクタ試験機 PT-1946MC

概要
本装置は、ISO80369及び旧ISO594シリーズ(※)に準拠した医療用コネクタ試験機です。
ISO80369及び旧ISO594シリーズに規定されている「フィッティング(試験前組立て)」と「ねじり応力試験」に対応しております。
測定結果はリアルタイムにPC上にグラフで表示され、測定データをCSVファイル形式で保存することが出来ます。また、パラメータを任意で設定することが可能です。これにより、高精度な数値管理が必要なISO80369の各種コネクタも容易に試験することが出来ます。
従来、手作業で行われていた試験の自動化や、手作業では困難な試験の数値管理を、本装置で実現します。自動化・データ化により、作業の効率化とデータ管理がスムーズになり、現場の負担が軽減します。

※ISO594シリーズは廃止され、ISO80369-7に移行されました。
詳細は関係各所の通達文書をご参照ください。


ISO80369対応医療用コネクタ試験機PT-1946MCの外観
医療用コネクタ試験機 PT-1946MC
(ISO80369/旧ISO594準拠)




▼NEW!
装置プロモーションムービー
①装置紹介・準備編


②試験編 ISO80369Ver

※旧ISO594Verの試験編動画はこちらから。
※パラメータを設定・変更することで、ISO80369・旧ISO594が試験可能です。



装置外観
ISO80369対応医療用コネクタ試験機PT-1946MCの側面外観

ISO80369対応医療用コネクタ試験機の試験前の様子
試験前
ホルダーにコネクタを装着した状態
ISO80369対応医療用コネクタ試験機の試験中の様子
試験中
装着したコネクタにゲージ
(リファレンスコネクタ)を押付けた状態



特徴
●規格試験に対応
・ISO80369-3、ISO80369-6、ISO80369-7:各種コネクタ規定トルク
・ISO80369-20:共通試験項目
・旧ISO594シリーズ(旧ISO594-1、旧ISO594-2)
に定められている「フィッティング(試験前組立て)」と「ねじり応力試験」が可能です。

●リアルタイムにPC上にグラフを表示
ISO80369及び旧ISO594試験で要求されるデータを採取し、パソコン上にグラフを同時表示します。
測定結果が一目瞭然です。

ISO80369対応医療用コネクタ試験機のグラフ表示画面

●データのCSV保存
測定データをCSVファイル形式で保存します。試験結果のエビデンスとして活用することが出来ます。
データ化により、測定結果の管理も容易になります。

●コンパクトで軽量
試験機全体がコンパクトに装置化されています。
また、非常に軽量で、持ち運びに便利な取っ手も付いており、取り扱い性が抜群です。



●計測条件の任意設定
トルク値、角度、回転数、時間など、計測条件(パラメータ)を任意で設定することが出来ます。
これにより、旧ISO594だけでなく、高精度な数値管理が必要なISO80369も容易に試験が可能です。

ISO80369対応医療用コネクタ試験機のパラメータ画面

●コネクタの取り付け・取り換え・位置変更が容易
トルクセンサに接続されたホルダーにコネクタを差し込みます。コネクタの取り付け・取り換え・位置変更は簡単で、効率的な作業が望めます。

ISO80369対応医療用コネクタ試験機のコネクタ装着前の様子
ホルダーに何も装着していない状態
ISO80369対応医療用コネクタ試験機のコネクタ装着中の様子
ホルダーにコネクタを装着している様子

●デモンストレーションが可能
本装置はデモ機をご用意しており、デモンストレーションをご覧いただくことが可能な製品です。
デモや御見積のご要望がございましたら、お問い合わせフォームもしくはTEL(042-741-7690/システム計測部直通)より、お気軽にお問合せください。



定格
トルクセンサ 1Nm
トルク分解能1mNm
トルク総合精度±1%±3Digit

ロードセル 100N
荷重分解能0.1N
荷重精度±1%±3Digit



オプション ― ゲージ(リファレンスコネクタ)接続治具 ―
本装置を用いてISO80369及び旧ISO594シリーズに準拠したコネクタ試験を行う際には、株式会社第一測範製作所様のゲージ(リファレンスコネクタ)を用います。本装置とゲージ(リファレンスコネクタ)を接続するための専用接続治具を、プロテックにて製作・ご用意することが可能です。
※本装置にゲージ(リファレンスコネクタ)は付属しておりません。別途お求め下さい。

≪治具製作例≫
ISO80369対応医療用コネクタ試験機のリファレンスコネクタ接続用治具_fig5
旧ISO594-2 Fig.5
ISO80369対応医療用コネクタ試験機のリファレンスコネクタコネクタ接続用治具_fig6
旧ISO594-2 Fig.6

ISO80369対応医療用コネクタ試験機のリファレンスコネクタ接続用治具_fig7-8
旧ISO594-2 Fig.7.8



対応試験項目
ISO80369及び旧ISO594シリーズの対応試験項目は以下の通りです。赤文字が本装置で試験可能な項目となります。
※本装置は「フィッティング(試験前組立て)」及び「ねじり応力試験」に対応しております。
※リーク試験は非対応です。

ISO80369 ヘルスケア分野の液体及び気体用小口径コネクタ
第20部:共通試験方法

試験方法試験方法
試験前組立て試験
付属書B
圧力減衰による漏れ
トルク:0.08~0.12N・m
軸力:26.5~27.5N
時間:5~6秒
(内容省略)
付属書C
加圧条件下での液漏れ
(内容省略)
付属書D
減圧条件下での液漏れ
(内容省略)
付属書E
応力き裂
(内容省略)
付属書F
軸荷重に対する分離抵抗
規定軸力を規定時間印加
付属書G
緩め操作に対する分離抵抗
規定外しトルクを規定時間印加
付属書H
乗り上げ抵抗
規定トルクを規定時間印加
付属書I
緩め操作による取外し
約2rpmで外しトルクを測定
※試験の詳細はISO80369-20、ISO80369-3、ISO80369-6、ISO80369-7をご参照ください。

旧ISO594 注射器、注射針および他の医療機器用の6%(Luer)テーパ付き円すいフィッティング
第1部:一般要求事項

4. 要求5. 試験方法
試験前組立て試験
4.1
寸法
寸法適合すること-5.1.4
軸力5N
4.2
液体漏れ
滴下水滴がないこと5.2.1 5.3.1.1 5.5.1
トルク:0.1N・m以下
角度:90°以下
軸力:27.5N
時間:5秒間
5.2.3
300Kpaを30秒印加
4.3
空気漏れ
気泡の連続形成がないこと5.3.1.2~5.1.7
(内容省略)
4.4
分離力
結合されたままであること5.4.2
25Nを10秒以上印加
4.5
応力き裂
応力き裂の証拠がないこと5.5.2 5.5.3
(内容省略)
※試験の詳細は旧ISO594をご参照ください。

旧ISO594 注射器、注射針および他の医療機器用の6%(Luer)テーパ付き円すいフィッティング
第2部:固定フィッティング

4. 要求5. 試験方法
試験前組立て試験
4.1
寸法
寸法適合すること-5.1
寸法測定
4.5
組立て易さ
(内容省略)(内容省略)
4.2.1
液体漏れ
滴下水滴がないこと5.2.1
トルク:0.12・Nm以下
軸力:27.5N以下
5.2.3
300~330Kpaを30秒印加
4.2.2
空気漏れ
気泡の連続形成がないこと5.3.2 5.3.3
(内容省略)
4.3
分離力
結合されたままであること5.4.2
35Nを10秒以上印加
4.4
外しトルク
結合されたままであること5.5.2
0.02N・mを10秒以上印加
4.6
乗り上げ抵抗
乗り上げないこと5.7
0.15N・mを5秒印加
4.7
応力き裂
応力き裂の証拠がないこと5.8.1
トルク:0.12N・m以上
軸力:27.5N以上
時間:5秒間
5.8.2
(内容省略)
※試験の詳細は旧ISO594をご参照ください。



測定データ例
フィッティング(試験前組立て)
ISO80369-20 (旧ISO594-2 5.2.1)

軸力26.5~27.5N以下を加えながら、0.08~0.12N・mの締付トルクを5~6秒間加えて組立てます。その際の軸力及びトルクを収集し、グラフ表示します。

ISO80369対応医療用コネクタ試験機の試験前組立て(フィッティング)

ISO80369対応医療用コネクタ試験機の試験前組立て(フィッティング)


緩め操作に対する分離抵抗
ISO80369-20 付属書G (旧ISO594-2 5.5.2)

フィッティング後に、0.0198~0.0200N・m以上の緩みトルクをかけ、10~15秒間以上維持し、コネクタが緩まないことを確認します。その際のトルクを収集し、グラフ表示します。

ISO80369対応医療用コネクタ試験機の緩め操作に対する分離抵抗

ISO80369対応医療用コネクタ試験機の緩め操作に対する分離抵抗


乗り上げ抵抗試験
ISO80369-20 付属書H (旧ISO594-2 5.7)

フィッティング後に、0.15~0.17N・m以上の締付トルクを5~10秒間以上加えて、コネクタのネジ部が乗り上げないことを確認します。その際のトルクを収集し、グラフ表示します。

ISO80369対応医療用コネクタ試験機の乗り上げ抵抗

ISO80369対応医療用コネクタ試験機の乗り上げ抵抗