応力測定機

測定アプリケーション

EMS

パッケージング
 ※旧:㈱相模電機製作所

製品紹介
お問い合わせご相談・お問い合わせお見積りカタログダウンロード

メディカル

金属製骨ねじ機械的測定機

概要
PU-1000
JIST0311準拠_ユニバーサルテスタ_PU-1000

本装置は、JIS T 0311 金属製ねじの機械的試験方法、及びASTM F 543-07 スクリュー特性測定方法に準拠した測定機です。

・ねじり破壊試験
・ねじ込み試験
・引き抜き試験
・横方向荷重試験

上記試験が、本装置1台で可能です。




特徴
●規格に準拠した試験が可能
・JIS T 0311 金属製骨ねじの機械的試験方法
・ASTM F543-07 スクリュー特性測定方法(米国ASTM協会)
・歯科矯正用アンカースクリューの機械的試験方法(日本矯正歯科学界医療問題検討委員会)
 に準拠した試験が可能です。

●1台で各試験に対応可能
ねじ込み試験、ねじ込み後のインプラントネジの引き抜き試験、ねじり破壊試験、横方向荷重試験を、
本装置1台で行うことができます。

JIST0311準拠_金属製骨ねじ機械的特性測定機_ねじ込み試験
ねじ込み試験
JIST0311準拠_金属製骨ねじ機械的特性測定機_引き抜き試験
引き抜き試験

JIST0311準拠_金属製骨ねじ機械的特性測定機_ねじり破壊試験
ねじり破壊試験
横方向荷重試験
横方向荷重試験

●グラフ表示とCSV保存
各規格で要求されるデータを完全採取します。
リアルタイムにグラフをPC上に表示し、測定データをCSVファイル形式で保存することが可能です。

JIST0311準拠_金属製骨ねじ機械的特性測定機_グラフ表示画面

●計測条件を任意に設定
パラメータ選択により、測定条件を任意に設定することが出来ます。

JIST0311準拠_金属製骨ねじ機械的特性測定機_パラメータ設定画面

●試験への影響を考慮した設計
金属製骨ねじ(インプラントネジ)への影響を最小限にするための横配置。
さらに、装置にはエアーベアリングを採用しています。

●高精度測定
刻々と変化するねじのねじ込みの深さを、レーザーセンサにより高精度で測定します。

●取り付け、取り換え、位置変更が簡単
インプラントネジの変換が容易で、模擬骨の取り換えや位置変更を簡単に行うことが出来ます。

●取り扱い性が抜群
全体がコンパクトにシステム化されており、装置の取り扱い性が良好です。


バリエーション
トルクセンサ
バリエーション0.1mNm、1mNm、10mNm
トルク分解能300mNm、1Nm、30Nm
トルク総合精度±1% ±1Digit
回転数分解能0.1rpm
回転数精度±1rpm

ロードセル
バリエーション200N、1000N
荷重分解能0.1N、1N
荷重精度±1% ±1Digit



仕様
押付け荷重100N
押付け回転数~30rpm
押付け角度3600Deg
押付け移動距離20mm
押付け時間10s
埋込・撤去回転数15rpm
埋込・撤去角度3600Deg
埋込移動距離20mmm
埋込時間20s
埋込トルク20Nm
パソコンPC/AT互換機
動作環境Windows
使用電源AC100V ±10% 50/60Hz
使用温度環境+5℃〜40℃
使用環境湿度80%R.H以下
※トルクの値は呼称です。詳細な値は0.98を掛けた値になります。


適用対象
●髄内釘
●コーティカルスクリュー
●ロッキングスクリュー
●プレート固定用スクリュー
●頭蓋骨用スクリュー
●歯科インプラントスクリュー
●歯科矯正用アンカースクリュー
●小型犬骨折治療用プレートスクリュー


試験内容
1.ねじ込み試験
一定荷重でねじを押し付け、一定の回転速度でのねじ込みトルクを測定し、4回転のねじ込み時の最大トルクとトルク波形を収集します。

JIST0311準拠_金属製骨ねじ機械的特性測定機_ねじ込み試験
ねじ込み試験の様子
JIST0311準拠_金属製骨ねじ機械的特性測定機_ねじ込み試験の測定データ
測定データ例


2.引き抜き試験
模擬骨に約4山ねじ込んだネジを一定速度で抜き取り、そのときの最大荷重を測定します。

JIST0311準拠_金属製骨ねじ機械的特性測定機_引き抜き試験
引き抜き試験の様子
JIST0311準拠_金属製骨ねじ機械的特性測定機_引き抜き試験の測定データ
測定データ例


3.ねじり破壊試験
治具に固定した状態で、破壊するまで一定の回転速度でねじにトルクを加え、測定します。ねじ切れたときの最大トルクとトルク波形を収集します。

JIST0311準拠_金属製骨ねじ機械的特性測定機_ねじり破壊試験
ねじり破壊試験の様子
JIST0311準拠_金属製骨ねじ機械的特性測定機_ねじり破壊試験の測定データ
測定データ例


4.横方向荷重試験
ねじをチャック付き治具に固定した状態で、横方向に荷重を加え、塑性変形が生じるまで一定の速度で荷重を加えます。塑性変形が生じたときの荷重を測定し、荷重波形を観察します。


横方向荷重試験の様子
横方向荷重試験の測定データ
測定データ例



応用例
小型犬の腰椎部ねじ込み・ネジ戻りトルク試験
金属製骨ねじ機械的特性測定機の応用事例_小型犬の腰椎部ねじ込み・ネジ戻りトルク試験
検体をケース内に石膏にて固定します。
金属製骨ねじ機械的特性測定機の応用事例_小型犬の腰椎部ねじ込み・ネジ戻りトルク試験
ケースを固定し、一定の回転速度で4回転ネジ戻し、
最大トルクとトルク波形を収集します。

金属製骨ねじ機械的特性測定機の応用事例_小型犬の腰椎部ねじ込み・ネジ戻りトルク試験
測定データ例