応力測定機

測定アプリケーション

EMS

パッケージング
 ※旧:㈱相模電機製作所

製品紹介
お問い合わせご相談・お問い合わせお見積りカタログダウンロード

メディカル

チューブの押付け戻り力測定装置

概要
本装置は、輸液ポンプに使われるチューブの押付け戻り力を測定するための装置です。
ポンプに使われるフィンガーでチューブをプレスし、プレス量とチューブの戻り力を測定します。



測定の流れ

チューブ押付け戻り力測定装置
ダイレクトモータとボールネジによって、チューブをプレス。レーザ変位計でプレス量を、ロードセルでチューブ戻り力を測定します。
ペルチェ/ヒータは、室温から高温(~80℃)における戻り力、クリープを測定することができます。


チューブ戻り力の測定
プレス量と、それに対するチューブの押付け戻り力を測定します。 高温での戻り力は、同じプレス量に対して、室温での戻り力よりも低下することが分かります。

%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%96%e6%88%bb%e3%82%8a%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e2%91%a0
%e3%83%81%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%96%e6%88%bb%e3%82%8a%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e2%91%a1


クリープ現象の測定
クリープ現象(一定応力のもとで時間経過と共に歪が増大する現象)を測定します。
以下の2種類の測定方法があります。

一定プレス量制御
プレス量を一定とし、戻り力を測定します。

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%97%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e2%91%a0

一定戻り力制御
戻り力が一定になるようプレス量を制御し、測定します。

%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%97%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%95%e2%91%a2