応力測定機

測定アプリケーション

EMS

パッケージング
 ※旧:㈱相模電機製作所

製品紹介
お問い合わせご相談・お問い合わせお見積りカタログダウンロード

メディカル

ガイドワイヤー伝達特性測定機 PT-8000G

概要
ガイドワイヤー伝達特性測定機 PT-8000Gは、従来測定が難しいとされていたマイクロガイドワイヤーやカテーテルの最先端部位のトルク特性や、入出力の角度伝達特性を測定することが出来る装置です。
汎用機PT-8000を応用し、弊社独自の全姿勢エアーベアリングを採用することで、微小特性を測定することが可能です。また、本装置の応用により、ガイドワイヤーやカテーテル、PTCAの操作性を評価でき、従来難しかった操作感を、グラフとデータにより数値化することが出来ます。
ガイドワイヤー伝達特性測定機の外観
PT-8000G+トルクセンサ+PC




装置構成
ガイドワイヤー伝達特性測定機の外観
装置外観


ガイドワイヤー伝達特性測定機の外観
構成図


特徴
●先端の微小トルクをロスなく測定
先端側測定センサ内に内蔵された全姿勢エアーベアリングにより、試料に対する機械的ロスを最小にすることで、1mNm以下の微小特性を測定することが出来ます。測定分解能は0.01mNmです。

ガイドワイヤー伝達特性測定機の先端側のセンサ
先端側センサ(エアーベアリング内蔵)

●手元の回転制御を自在に設定し測定
高精度モータ制御により、ガイドワイヤーやカテーテルの手元の動きを忠実に再現。正逆回転で、手元と先端の伝達角度精度を測定します。

●マニュアルで簡単に負荷測定
マニュアル操作画面で、測定開始位置や回転角度を設定できます。
パラメータは100種類まで設定・保存が可能です。複数の測定条件を簡単に呼び出し、実行することが出来ます。

PT-8000Gメインパネル画面 PT-8000Gパラメータ選択画面

●リアルタイムに測定グラフを表示
測定中のデータをリアルタイムにPC上にグラフ表示します。また、指定ポイントのデータ判定が可能です。

ガイドワイヤー伝達特性測定機の測定グラフ画面
先端トルク測定例
手元側を回転させたときの先端トルクの測定
ガイドワイヤー伝達特性測定機のグラフ画面
角度伝達測定例
手元側を回転させたときの先端側角度の測定

●測定データのCSV保存
測定したデータの全サンプリングデータをCSVファイル形式で保存することが可能です。保存データは本ソフトでロードすることが出来ます。また、Excelでもご活用いただけます。保存データを重ね合わせて表示することが可能で、測定結果を一目で比較することが出来ます。


仕様
トルク総合精度トルク ±1%/フルスケール
位置決め角度±0.1度
測定項目トルク
回転数
角度
パソコンPC/AT互換機
動作環境Windows
使用電源AC100V ±10% 50/60Hz
※トルク回転数の値は、お客様の仕様により製作が可能です。


機器周辺部品
●チャック
ガイドワイヤーとセンサを接続するための部品です。
手元側
外形%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%83%e3%82%af1ガイドワイヤー伝達特性測定機のチャック
ワイヤー径(mm)0.1~0.60.4~0.90.6~1.21.2~1.81.8~2.42.4~4.0
材質金属樹脂

先端側
外形ガイドワイヤー伝達特性測定機のチャックガイドワイヤー伝達特性測定機のチャック
ワイヤー径(mm)0.1~0.60.4~0.90.6~1.21.2~1.81.8~2.42.4~4.0
材質金属樹脂


●測定テンプレート
機械的特性測定のための模擬的な血管モデルです。
参照元ASTM F 2394-07
図x2.2~x2.3
ASTM F 2394-07
図x2.4
用途マイクロカテーテル用ガイドワイヤー用
外形ガイドワイヤー伝達特性測定機の測定テンプレートガイドワイヤー伝達特性測定機
寸法420mm(横)×240mm(縦)190mm(横)×144mm(縦)


●測定架台
測定テンプレートやセンサーを固定するための架台です。
横型
小型大型
外形ガイドワイヤー伝達特性測定機の測定架台ガイドワイヤー伝達特性測定機の測定架台
寸法630mm(横)×410mm(縦)×270mm(高)本体:936mm(横)×486mm(縦)×327mm(高)
突起含む:1240mm(横) ×724mm(縦)×327mm(高)

縦型
外形ガイドワイヤー伝達特性測定機の測定架台
寸法936mm(横)×520mm(縦)×995mm(高)


応用例
①カテーテル先端部トルク及び角度伝達トルク試験
液体を充填したガイドチューブ内にカテーテルを挿入し、カテーテルの操作部で加えたトルクの先端部への伝達性を測定する試験です。

②カテーテル先端部推進トルク及び伝達時間試験
液体を充填したガイドチューブ内にカテーテルを挿入し、カテーテルの操作部で加えたトルクの先端部への推進伝達性を測定する試験です。


機器応用事例・測定事例
①ガイドワイヤー/カテーテル摺動応力測定機 PT-8000G
ガイドワイヤーやカテーテルの押込み摺動の操作力と、押込み量を連続的に測定することが可能です。また、実際に手技に応じた押込みと抜き取りを繰り返した操作力の測定が可能です。
測定と同時にPC画面上にデータをグラフ表示します。オプションにより、撮影用カメラの設置も可能です。

ガイドワイヤー伝達特性測定機の装置応用例_ガイドワイヤー及びカテ―テルの摺動応力測定機 ガイドワイヤー伝達特性測定機の装置応用例_ガイドワイヤー及びカテ―テルの摺動応力測定機


測定の様子


②ガイドワイヤーのトルク伝達性比較
ワイヤーの手元側を回転させ、先端部に伝わるトルクを測定します。手元側角度に対応して、先端部に伝わるトルクをグラフ化します。

ガイドワイヤー伝達特性測定機の事例_トルク伝達
手元側角度が300度以上で急速にトルクが伝達
ガイドワイヤー伝達特性測定機の事例_トルク伝達
手元側角度が300度以上で滑らかにトルクが伝達


③ガイドワイヤーの先端破断特性測定
ワイヤー先端部をチャックで固定して手元側を回転させ、先端が破断するまでの手元側、先端側のトルクを測定し、最大トルクとトルク波形を収集します。

≪一定荷重タイプ:荷重は常に一定≫
ガイドワイヤー先端破断特性測定

≪ロードセルタイプ:ワイヤーが縮むため荷重が増える≫
 ガイドワイヤー先端破断特性測定