応力測定機

測定アプリケーション

EMS

パッケージング
 ※旧:㈱相模電機製作所

技術資料
お問い合わせご相談・お問い合わせお見積りカタログダウンロード

技術資料

キャラメル包装とは

キャラメル包装とは?
キャラメル包装』とは、ティアテープを引っ張り、フィルムを破ることで開封できるタイプの包装方法です。文字通り、お菓子のキャラメルの箱の包装を語源としています。
キャラメル包装は、特定の形状(四角)を持った被包装物の包装に適しています。開封時のしやすさが考慮されており、「ティアテープ」と呼ばれる開封用のテープがフィルムに施されています。ティアテープは透明のほか、赤・白などの色付きのものもあり、それぞれ色に応じて、赤テア、白テアなどと呼ばれます。
代表的なキャラメル包装としては、CDやDVD/BD、消しゴムや付箋、タバコの箱、化粧品の箱などが挙げられます。メディアから文房具、雑貨、食品、化粧品に至るまで、様々な分野の製品で用いられており、シュリンク包装と並ぶポピュラーな包装手段の一つです。

※プロテックでは、5種類のCDケースのキャラメル包装を行っております。
概要や対応製品など、詳しくはこちらから!


キャラメル包装の一例:
キャラメル包装されたジュエルケース(CDケース)
CDのキャラメル包装
キャラメル包装された様々な厚みのCDケース(ジュエルケース・デュオケース・マルチケース)
様々な厚みのCDのキャラメル包装
(上からジュエル、デュオ、マルチケース)
ティアテープを引っ張り開封しているところ
ティアテープを引っ張り開封しているところ



キャラメル包装の主な流れについて
キャラメル包装は、主に以下のような流れで行われます。

① 被包装物をフィルムで包む
ティアテープが施されたフィルムで被包装物を包みます。
(ティアテープはキャラメル包装機内でフィルムに熱で圧着されます)

② フィルムを折り込み、熱で圧着(キャラメル包装の完了)
余分な部分のフィルムを裁断し、フィルムの折り目以外の面を折り込んで、熱で圧着します。

③ 検査
フィルムの皺や微細な混入物などの不良がないか、完成品の状態を確認します。

キャラメル包装の流れ




キャラメル包装のメリット
キャラメル包装には様々なメリットがあります。

① 簡単に開封が可能
キャラメル包装は、開封時の利便性が考慮された包装であり、フィルムにティアテープが施されています。
そのため、ティアテープを引っ張るだけで、フィルムが破け、簡単に開封することが出来ます。

キャラメル包装のメリット_簡単に開封が可能


② 保護性(異物の混入防止、傷防止、汚れ防止、劣化防止など)
キャラメル包装では、被包装物をフィルムで包むため、異物の混入防止や、傷や汚れなど被包装物への直接的なダメージの防止、被包装物の劣化や色褪せなどを防止する効果を期待することが出来ます。そのため、被包装物の品質や価値を保護することに繋がります。

キャラメル包装のメリット_製品の保護性


③ 開封防止
キャラメル包装では、被包装物をフィルムで包むため、意図しない開封を防止することが出来ます。

キャラメル包装のメリット_開封の防止


④ 商品ラベル
キャラメル包装では、透明フィルムだけでなく、印刷フィルムが使用されることもあります。予め文字や絵柄などを印刷したフィルムを使用することで、ラベルとしての機能を持たせ、商品説明や広告宣伝などを目的とした用途で、キャラメル包装が使用されることもあります。


⑤ パッケージング
キャラメル包装は、艶やかで上品な質感に仕上がります。フィルムの光沢感で、製品を美しくパッケージングします。また、一度開封すると、ティアテープが伸びきり、フィルムが破損するため、製品が未開封もしくは新品であることをアピールすることが出来ます。

キャラメル包装のメリット_見た目




当社では、CDケースのキャラメル包装を承っております
プロテックでは、「ジュエルケース」「2Dケース」「2Dワイドケース」「デュオケース」「マルチケース」といった5種類のCDケースのキャラメル包装を行っております。概要や対応製品など、詳しくはこちらをご覧ください。
お問い合わせや御見積もお気軽にどうぞ。法人企業様だけでなく、個人様からのご依頼も承っております。